読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ワクワク」に従って生きる~自分を思い出すBlog~

はじめまして! このブログは、自分の「ワクワクを」最優先にして生きる、Yusukeという人間の「人体実験」の経過を記録していくブログです。 2016年12月8日より『フォトカフェ』サービス開始しました!

僕が『フォトカフェ』を始めるまでのこと。



こんにちは。

 

今日は僕がフォトカフェを始めるまでについて、改めて書きたいと思います。

 

僕は2015年10月にうつ病と診断されました。


それまでの僕は、典型的なサラリーマンとしての人生を歩んでいました。


20代後半で結婚、30歳で子供をもち、夢のマイホーム購入のため、せっせと働き、貯金をする。


そんな毎日を送っていました。


でも、当時から、そんな自分にすこし違和感を覚えていました。


違和感を無視し続けていた結果、身体からNo!を突きつけられ、うつ病になったのです。


身体が教えてくれたのです。


会社に行けなくなり、ただただベッドの上で過ごすことになりました。


そのときは、頭の中ではグルグルと考えが巡っていました。

 

「本当にマイホームは自分の夢なのか?」

「このまま、サラリーマンのまま終わるの?」

「てか、自分の夢ってなんだっけ??」


先日、約10年前の自分が書いていたブログを読み直しました。

就活に苦しみながらも楽しそうに大学生活を送っている自分、就職が決まって、ワクワクしながら、会社の同期たちと語り合っていた自分がそこにはいました。


あの頃は、希望であふれていたし、自分のやりたいことをやっていました。

当時の僕は「働きたくない、好きなことだけやっていたい」

と思っていた中、就職先を決めた理由は、

「仕事が楽そう。趣味に時間を使えそう。」

でした。

「仕事は生きるため、趣味に時間とお金を使うためと割り切って働くんだ」

そう思って、就職したのでした。


しかし、気付けば、会社にいる時間が大半になり、平日は朝から、夜遅くまで仕事をしたり、付き合いの飲み会への参加などで、疲れ切っていました。

いつしか、休日も家でやすんでいるだけになり、趣味というものがなくなり、自分がなんのために生きているかわからなくなっていました。

そして、当時の自分が一番なりたくなかった典型的な「仕事人間」になっていたのです。


そんなことを、ベッドで寝ながらかんがえていました。


そんなとき、「好きなことだけして生きていく」に出会い、自分の好きなことはなんだろうと考え始め、体調も良くなってきた今、始めたのが

 

「フォトカフェ」

 

です。

 

だから、「フォトカフェ」には 僕の好きが詰まっています。

 

おしゃべり

写真撮影

コーヒー

出会い

ワクワク

 


それらを詰め込んでできたのが「フォトカフェ」です。

 

2016年は僕が会いたい人に会いにいく、ということをひたすらやってきました。


2017年は僕に会いたいという人と会っていくことにしました。


是非、この記事を読んだあなたも僕のことを呼んでください。


五円で伺います!!


気になった方は、以下の詳細をご覧ください!


楽しい時間を一緒に過ごしませんか??

 


いつも読んでくださるみなさん、ありがとうございます。

 

そして、これから出会うみなさんも、ありがとうございます。